栃木県宇都宮市の会計事務所(税理士事務所) 石川税務会計事務所(TKC全国会会員) 所長税理士の石川輝雄の個人的なブログです。

石川税務会計事務所 所長税理士の石川輝雄の個人的なブログです。
日々の活動の様子や、ニュースや話題のトピックスなどについて、感じたことを日々綴っております。
お時間が御座いましたら覗いて見て下さい。
なお、私の人生も段々少なくって来ております。何時、何が起こるか分かりません。
悔いのない人生を送るためにも、私の信条としている平和、環境、貧困などについて積極的に発言していきたいと欲しています。
その結果、平和などと対峙する人たちに対し、正面から非を呈し、追求して参ります。
乱暴な文章になるなど苦々しく思う方もおられるとは存じますがご容赦願います。
ある船頭の話
 映画製作中から注目していたが期待通り、心を打つ映画でした。監督・脚本がオダギリジョー、俳優として出演した映画を何本か見ているが、まだ若く監督として関わるとは思いませんでした。映画の評価は脚本で決まるが私の考えだが、ストリーが良くできている。
 間もなく橋が完成する川の渡し船の船頭。4.5人乗ればいっぱいになるおんぼろ船を操り、数少ない客を待つ。いろいろな客を乗せて物語は進む。謎の若い女性が川の流れから救われる。ラストはよんどころない事情からあばら家に火を放ち、その女性と船で逃亡。
 淡々と物語は進んでゆくが、最後はドキドキ、ああ、よかった。
 撮影は新潟・阿賀野川と福島・只見川だそうだが自然の描写が素晴らしい。撮影監督は外国人。音楽担当も外国人だったが日本映画にぴったし、響くものがありました。
 ベテランの馴染みの俳優が多かったのも嬉しいことでした。
出演:柄本明 川島鈴遥 村上虹郎 伊原剛志 浅野忠信 村上淳 蒼井優 笹野高史 草笛光子 細野晴臣 永瀬正敏 橋爪功
| - | 16:38 | comments(0) | - | pookmark |
泳ぎ始め
 2020年、プール4日間の年末年始休みが終わった今日4日、初泳ぎしてきました。去年から200mメドレーを計5本、1,000mをノルマとしていますが、今日はノルマを達成してきました。調子が悪ければ無理はしないと高齢になったので心掛けています。ですからノルマではなく軽い目標と言ったほうが良いかもしれません。
 正直に言って泳ぐのは辛いです。泳ぐのは一日置きにしてますが、泳ぎのない日(疲れてなければ水中ウオーキング30分実施)は気分がすごく楽です。泳ぎ始めて1本目が終わると少しほっとし、次の2本目をやると気分が乗ってきます。3本目が終われば残りは2本と、言い聞かせ、4本目が済めば、残り1本だ、もう終わった感じになる。で、泳ぎ終わり、ジャグジーに入った時はやったぞー、天下を取った気持ち。1k泳いで天下を取った感じとは超オーバーの表現だが、満足感は充分あります。夜、9時頃満足感に浸れるなんていい御身分とは思いませんか。ジャグジーがあるから余計そう思うのかもしれません。プールのジャグジーは内風呂と違い、広く、天井も高くて最高です。銭湯やザ湯がアウェイなら、ホームグランドですね。月曜日の定休日以外、毎日、ジャグジー通いです。
| - | 21:55 | comments(0) | - | pookmark |
カルロス・ゴーン逃亡
 保釈中だった日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が、レバノンに逃亡したことが明らかになった。海外への渡航が禁じられるなか、出国審査をどうくぐり抜けたのか。刑事裁判の行方はどうなるのか。世界中に衝撃が広がった。−以上新聞記事から
 驚きですね。堂々と裁判を受けるものと思っていたのに。尤も、作業服に着替えるなど変装して報道陣から逃れようとして失敗したこともあったから、彼には何でもありか。
どうやって、海外へ出られたのか、興味津々です。
 この件に関し、海外報道は好意的と掲載した新聞があったが、読売新聞は一面で社会部記者が日本の司法制度をないがしろにする行為とし、このような事態を防ぐには被告の財産の大部分を占める高額な保釈保証金の設定や全地球測位システムによる監視が必要と陳べているのには、さすが読売、検察庁より厳しい対応を求めている。笑止千万です。
 日本の警察、検察、裁判は世界では通用しないと普段から、厳しい目を向けている私にとって、今回の逃亡劇はしてやったりの思いが少しあるのは事実です。不謹慎の誹りは免れないか。
アメリカ軍人やその家族は日本の基地を使い、パスポートなしで自由に行き来してます。地位協定があると言うがおかしいじゃ。
| - | 15:35 | comments(0) | - | pookmark |
2020年スタート
 朝の温度は−3度と今冬一番厳しかったものの、日中は暖かい日差しに恵まれ、穏やかな一日でした。災害のないと言うのはあり得ないから、今年1年、出来るだけ少なくて済むよう願いたいものです。
 私は後、半年足らずで80才を迎えます。良く80まで生きてきたなと思いながらも、周りには私以上の高齢者もごまんといるわけですから、感心しても始まりません。健康年齢はとっくに平均を超えており、老人特有の病気以外はありませんから、これは褒めてもよいと思います。このブログが引き続き、まめに更新できればいいなーが私の願いです。
 新聞を見たら、今年は東京オリンピック開催の年とスポーツ記事が盛りだくさんです。お陰で、オリンピック開催反対の私には読む欄が少なく、物足りない正月の新聞でした。
| - | 14:25 | comments(0) | - | pookmark |
関東地方の小さな旅・房総半島2
 館山到着が強風で5分遅れ。直ちに木更津行に乗り込む。この後もかなりの風で遅れるとの車内放送あり。途中で千倉駅を通過。昔、50年以上前にこの千倉にある千倉温泉に来たことを思い出す。誰と来たのか、温泉に入ったのも覚えていない。間違いなく訪れてるのだが。
 保田駅辺りから、屋根に青いシートを被した建物が目立つようになった。例の台風の影響でしょう。このまま、年を越すわけで気の毒に堪えません。
 また、強風の影響で電車に遅れが出てきました。結局、東京駅に10分の遅れで到着。当初予定した時間にここで狂いが生じた。しかも、東京駅では田町付近でトラブルが発生し、すべての列車が遅れ、常磐線も30分遅れて発車。北千住で1時間遅れの南栗橋行に乗車。南宇都宮駅着は計画より1時間20分遅れとなりました。まぁ、無事で帰って来ましたから良しとしよう。運賃は北千住⇔東京=440円でした。
 今回、電車に乗って、新とか南と言った言葉が頭に付いている駅が多いのにちょっと驚く。新しい駅が沢山出来たのです。首都圏は発展してる証拠でしょうが反対に過疎地帯で駅が消滅するのは悲しいことです。
| - | 21:11 | comments(0) | - | pookmark |
19,12,31関東地方の小さな旅・房総半島1
 今年の元旦の小旅行は小山→水戸→磐城→郡山→白河→黒磯→岡本駅で降り、改札口を出て、直ぐまた戻り、宇都宮駅まででした。一周すると運賃は一駅区間の往復料金で済みます。多分400円だったでしょう。
 ホントは明日の正月にまた実行しようと思っていたのですが、株主優待券の東武鉄道の切符の有効期間が今年一杯なので大晦日の今日にした次第です。
 朝7:10の東武南宇都宮駅発を皮切りに新栃木→南栗橋→北千住の筈がトイレの関係で途中下車。幸い今朝の濃霧で遅れた快速に乗ること出来、予定通り北千住着。JR常磐線に乗り換え東京駅へ。しかし、京葉線まで徒歩600mのため、予定の電車に乗れず、次の便へ。でも、目的地の蘇我駅には当初の時間通り着、ラッキー。ここから安房鴨川行の電車が特急と分かり、急遽、普通電車へ乗る。でも安房鴨川には14分遅れで着いたものの、内房線館山駅行にギリギリで間に合う。慌ただしく電車に乗って何が楽しんだろう。他人の趣味はなかなか理解できないものでしょう。
 車内は年末のため、大きな駅付近では混んでいるが、地方へ来るとがらがらでした。
 安房鴨川通過後、ラインで当地に来てることを写真付きで10数名に発信。中には泊まり込みで行くと勘違いして、海のご来光に期待する返信もあり苦笑。
| - | 21:10 | comments(0) | - | pookmark |
貧困にあえぐ人を救おう
 寄付を求め、同額を諸団体に贈る運動の報告です。今年で16年目を迎えました。
昨年から「子どもの貧困」に取り組むとちぎボランティアネットワークも対象団体にしましたが、何と昨年は25万円、今年は32万円も集め、私を少しばかり慌てさせました。でも、幾ら集めても受けて立つのが私の姿勢です。他の方からも合わせ、合計で90万円を超える金額を寄付しました。
 私の生涯を掛けた取り組みです。元気なうちは続けていくぞー

| - | 20:46 | comments(0) | - | pookmark |
サンタdeラン寄付
 私と密接な関係にある「とちぎボランティアネットワーク」が近年実施しているサンタdeランに顔を出しました。
みんなで資源や資金を集めて「子どもの貧困」を撲滅するための取り組みです。宇都宮市バンバ広場がメイン会場でした。サンタ姿で歩くのも大きな行事です。1kmから12kmまであります。
 メイン会場ではいろんな催しが行われていました。売店が多かったのですがステージでは園児から20代の女性を中心に踊りまくっていました。皆さんお上手で見とれてしまいました。時代の変遷を感じるひとこまでもありました。
 私の年末恒例の寄付を集める大きな標識も私の写真入りであり、ビックリしました
 子どもの貧困は政府、地方公共団体の仕事ですが市民も出来得る限り支援すべきであり、このような催しは大変嬉しい限りです。
| - | 20:28 | comments(0) | - | pookmark |
「さらば愛しきアウトロー」
好きな映画を3本上げろと言われれば、3本に絞るのは難しいのですがチャップリンの「街の灯」、「ウエストサイド物語」それにロバート・レッドフォードとポールニューマンが共演した「明日に向って撃て!」です。
 そのロバート・レッドフォードが俳優引退作となる映画「さらば愛しきアウトロー」を見てきました。文句なしに楽しめる作品でした。あまりに歳を取っているのに驚きとガッカリが交錯しましたが1936年生まれの83歳と聞けば致し方ありません。
 やはり、ポールニューマンと共演した「スティング」と「モンタナの風に抱かれて」も良かったなー。
| - | 21:09 | comments(0) | - | pookmark |
かんぽ癒着
 かんぽ不正は、郵便局の信用を失墜させた重大事であり、日本郵政の社長ら経営陣はいまだに経営責任を明確にしていない。中でも、鈴木副社長の強気の対応ぶりは突出していた。その上で今回はあろうことか鈴木副社長が次官OBとしての影響力を背景に、総務省の鈴木茂樹前次官から情報漏洩が発覚した。元より、公務員として情報漏洩はあり得ないことであり、更迭は当然です。
 立憲民主党の枝野幸男代表はかんぽ生命保険と日本郵便の保険不正販売を巡って総務事務次官が行政処分案の検討状況を漏えいした問題で、漏らした相手の鈴木康雄日本郵政上級副社長を批判した。「情報を聞き出した方が悪い。なぜ出てきて責任を取らないのか」と記者団に述べた。
 談合問題で公務員と建設業者が癒着している場合、何方もどちらだが公務員の方が罪は重いと私は思う。今回の場合は枝野氏の言う通り「元々総務省の上司であり、聞こうとしたことが間違っている」。総務省の問題より、副社長の問題だ。その通り、権力を笠にNHKにも圧力をかけた副社長の責任はより重い。
| - | 10:56 | comments(0) | - | pookmark |
<< | 3/87PAGES | >>
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
お問い合わせ
LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode