栃木県宇都宮市の会計事務所(税理士事務所) 石川税務会計事務所(TKC全国会会員) 所長税理士の石川輝雄の個人的なブログです。

石川税務会計事務所 所長税理士の石川輝雄の個人的なブログです。
日々の活動の様子や、ニュースや話題のトピックスなどについて、感じたことを日々綴っております。
お時間が御座いましたら覗いて見て下さい。
なお、私の人生も段々少なくって来ております。何時、何が起こるか分かりません。
悔いのない人生を送るためにも、私の信条としている平和、環境、貧困などについて積極的に発言していきたいと欲しています。
その結果、平和などと対峙する人たちに対し、正面から非を呈し、追求して参ります。
乱暴な文章になるなど苦々しく思う方もおられるとは存じますがご容赦願います。
<< 自爆事故 | main | 決算書に異変 >>
沖縄全戦没者追悼式
 おびただしい数の住民を巻き込んだ沖縄戦の組織的戦闘が終結して74年。 沖縄全戦没者追悼式で玉城デニー知事はウチナーグチや英語を交えてあいさつし、辺野古新基地建設反対や日米地位協定の改定を訴えた。玉城知事の一言一言に会場からは拍手が沸き起こった。一方、安倍晋三首相はあいさつで沖縄の基地負担軽減や経済振興を推進する考えを強調したが、辺野古新基地建設に触れることはなかった。参列者から「帰れ」「ゆくさー(うそつき)」との声も上がり、知事あいさつへの受け止めとは温度差が際立った(以上、琉球新聞)。沖縄タイムス、東京新聞、毎日新聞、赤旗新聞も安倍晋三首相の来賓あいさつの場面では「うそつき」「帰れ」と厳しい声が上がったと報道している。
 一方、読売新聞は追悼式の記事は大きく扱ったが、安倍首相に対する抗議の声は無視。NHKもラジオ報道では抗議のアナウンスはなかった。都合の悪いニュースを飛ばすのは読売、NHKの常套手段だが、両社とも香港の香港で身柄を拘束した容疑者の中国本土への移送を可能にする「逃亡犯条例」改正案に対する反対運動は大きく取り上げている。読売とNHKを信頼してる方、ゴマ化されないでね。報道の自由のない中国を一方的に非難する日本の一部メディアも実はおかしいな機関だと知ってほしい。
 
| - | 17:14 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
お問い合わせ
LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode