栃木県宇都宮市の会計事務所(税理士事務所) 石川税務会計事務所(TKC全国会会員) 所長税理士の石川輝雄の個人的なブログです。

石川税務会計事務所 所長税理士の石川輝雄の個人的なブログです。
日々の活動の様子や、ニュースや話題のトピックスなどについて、感じたことを日々綴っております。
お時間が御座いましたら覗いて見て下さい。
なお、私の人生も段々少なくって来ております。何時、何が起こるか分かりません。
悔いのない人生を送るためにも、私の信条としている平和、環境、貧困などについて積極的に発言していきたいと欲しています。
その結果、平和などと対峙する人たちに対し、正面から非を呈し、追求して参ります。
乱暴な文章になるなど苦々しく思う方もおられるとは存じますがご容赦願います。
<< 乗り継ぎ | main | 日本中国友好協会第68回大会 >>
堤 剛


 堤 剛氏のことを知る一般人は少ないでしょう。でも、クラシックファンなら、知らない人のいないチェロの大御所です。指揮者で言えば小澤征爾と同じ地位の方でしょう。
その堤のチェロ演奏をサントリー小ホールで堪能した。(2019.6.1)
曲目はヴィヴァルディ:2つのチェロのための協奏曲RV531
 ヴィヴァルディ得意のヴァイオリン曲ではなく、チェロでしたが如何にも彼らしい澄んだ優雅なチェロの持つ特性を活かした名曲でした。
 チャイコフスキー:弦楽のためのセレナード
 本日の演奏曲で最も知れ渡っている曲です。抒情的で耽美な主題が次々に展開され、うっとりとした気分に浸りました。
ハイドン:チェロ協奏曲第1番
 私にはこの曲も馴染みの曲です。折角だからとスマートフォンで2、3日前から、聴き込みもしましたので一層楽しく聞くことが出来ました。当日のプログラムでこの曲が1961年に発見されたことを知りました。ハイドンは1809年に亡くなってますから、実に150年を超えて日の目を見たわけです。余計に好きになりました。

座席は横使いC型(扇型)と珍しい配置で380席。私の席はLaブロック5列4番でメーンの演奏者は首から上だけ、あとはヴァイオリニストの背中しか見られませんでした。
| - | 15:43 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
お問い合わせ
LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode