栃木県宇都宮市の会計事務所(税理士事務所) 石川税務会計事務所(TKC全国会会員) 所長税理士の石川輝雄の個人的なブログです。

石川税務会計事務所 所長税理士の石川輝雄の個人的なブログです。
日々の活動の様子や、ニュースや話題のトピックスなどについて、感じたことを日々綴っております。
お時間が御座いましたら覗いて見て下さい。
なお、私の人生も段々少なくって来ております。何時、何が起こるか分かりません。
悔いのない人生を送るためにも、私の信条としている平和、環境、貧困などについて積極的に発言していきたいと欲しています。
その結果、平和などと対峙する人たちに対し、正面から非を呈し、追求して参ります。
乱暴な文章になるなど苦々しく思う方もおられるとは存じますがご容赦願います。
<< 栃木SC | main | ランチコンサート >>
日本維新の会、丸山議員
 宇都宮市、大通りで水曜日行動に参加しました。以下がその内容です。今日の赤旗に写真と私が話した一部が掲載されていました。ただ、以下の文章でも、私が強調したかったのは日本維新の会の党としての責任です。それが載ってなかったのは心残りです。

 北方領土へのビザなし交流の訪問団に、「顧問」として同行した日本維新の会、丸山議員は国後島の宿泊施設での懇談の場で、元島民の団長に対し、いきなり「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」と切り出した。「戦争するべきではない」と否定されると、「戦争しないとどうしようもなくないですか」とたたみかけた。
 日本は多大な犠牲を強いた先の大戦の反省から、戦争放棄と戦力不保持を憲法に明記しました。 外国による「不法占拠」が続く日本固有の領土は平和的な外交手段によって取り戻すべきであり、戦争という強硬手段で奪還すべしと考えているのなら、極めて不穏当で、平和主義を踏みにじるものです。 ましてや国会議員としての発言です。憲法の条文を理解せず、尊重も擁護もできないのなら、そもそも国会議員たる資格はありません。
 丸山氏はきのう日本維新の会に離党届を提出したが、党は受理せず、除名処分としました。党代表の松井一郎・大阪市長は「国会議員として一線を越えた発言だ」と批判し、自ら議員を辞職するよう促しました。
 しかし、丸山氏は無所属で議員活動を続ける旨述べています。どこまでも破廉恥な人です。
今日の新聞社説では朝日新聞がタイトルで言語道断の「戦争」発言、東京新聞は「戦争で奪還」平和主義を踏みにじる、毎日新聞は 潔く国会から去るべきだとし 領土問題の戦争による解決を肯定するかのような言動は、平和国家・日本の国会議員として失格である。
社説では何れも維新丸山議員の発言を重視し国会議員の辞職を求めています。
 しかし、社説を読むと丸山議員、個人の言動に焦点をあて、日本維新の会の責任には何ら追及をしていません。私は丸山議員を抱えるような政党に大きな疑問を呈します。維新の会は安倍政権と密着し、憲法9条改正を目論んでいる、とんでもない政党です。靖国神社参拝もみんなで靖国神社に参拝する国会議員の会の一員として維新の会も参拝しています。
 私は維新の会に大きな責任があると思います。大阪では自公をしのぎ、一大勢力となっております。丸山氏は大阪選出の国会議員です。あのような議員を輩出する、選ぶ大阪市民は阪神タイガースとともに大嫌いです。読売ジャイアンツも嫌いですけど。
| - | 14:22 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
お問い合わせ
LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode